コミュニケーションと思考すること

■メッセージ
この記事は約1分で読めます。

コミュニケーションと思考すること

人に話す、うちあける

らくになる

外側に発信すれば

内側に向けて考えることを回避できる

自分と向き合わなくて済む

責任転嫁、他者にむける視点

それには、

他者が常に必要

自分自身で考える

思考する

自分と向き合う

自分の内面に視点をあてる

ひとりの時間を作ることが必要

どんな思考回路を日常で使っているだろう

偏りが、自分の思考のバランスを崩す

自己対話をすることで,

自分自身でバランスを戻すこともできる

他者がいなくても、

いつでも自分との対話ができる

そして、自分の内面にある大切なヒントとつながることができる

答えは、いつも自分の内側にあるんだ

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました
inserted by FC2 system